芸北民俗芸能保存伝承館 出版物

 

壬生の花田植現況調査報告書

 

北広島町の民俗1 花田植

 

Folk Customs of Kitahiroshima-cho 1 Hana Taue

 

昔の農作業

壬生の花田植現況調査報告書

 

写真

概要:
ユネスコ無形文化遺産に登録された「壬生の花田植」を中心とした、
町域の花田植の現況を調査、記録、保存し、今後の保存伝承と活用に
資するため、平成26年度(2014)から平成28年度(2016)までの3か年
の計画で調査事業を実施し、報告書としてまとめたものです。
<目次>
○調査事業の実施概要
・調査の目的
・調査組織
・調査の経過
・北広島町及び壬生地区の概要
・文化財指定の履歴
・ユネスコ無形文化遺産登録(代表一覧表記載)の概要
○序章 (藤本隆幸)
○第1章 総説(新谷尚紀)
○第2章 壬生の花田植の進行(小川直之、黒田迪子、川嶋麗華)
○第3章 組織(髙野 宏)
○第4章 壬生の花田植と無形文化財合同まつりの歴史的変遷(松井今日子)
○第5章 飾り牛(松井今日子、川嶋麗華)
○第6章 歌と囃し(片桐 功)
○第7章 道具類(樫村賢二、松井今日子)
○第8章 資料編(松井今日子)
○付 章 アンケートの成果(髙野 宏)
○付 録 DVD楽譜集・映像・音源(片桐功、丸山千鶴、松井今日子)

発行日:平成29年(2017年3月)
     
サイズ:A4(324頁 )

金額:2000円(税込)

 

 

北広島町の民俗1 花田植

 

写真

概要:
<花田植とは何か>
日本の中の花田植―花田植をする地域
花田植はいつ始まったか―花田植の歴史
「花田植」と「囃し田」―花田植の名称
稲作のくらしと花田植―花田植の時期
花田植の進め方―花田植の進行順序
町内の花田植・田楽団体
花田植をする意味
北広島町の花田植指定文化財データ

<花田植の要素>
田の神サンバイと神事
飾り牛
代掻き
田楽団
[田楽競演大会]
サンバイ(音頭取り)
早乙女
[昔の衣装]
田植歌
囃し手
その他の役目
水口のエブリ
[花田植の食事]
関連施設/芸北民俗芸能保存伝承館

サイズ:B6

金額:200円(税込)

Folk Customs of Kitahiroshima-cho 1 Hana Taue

 

写真

概要:
 『北広島町の民俗1 花田植』の英訳版です。
 

 This is the English translation version of 『Folk Customs of Kitahiroshima-cho 1 Hana Taue』.


<What is Hana Taue?>
Hana taue in Japan -- Regions where hana taue rituals are performed
When Did Hana Taue Start? -- History of hana taue
Hana Taue and Hayashida -- Terms referring to "hana taue"
Rice Cultivation and Hana Taue -- Hana Taue season
Procedure of Hana Taue -- Proceeding order
Hana Taue and Dengaku Groups in Kitahiroshima-cho
Purpose of Holding Hana Taue
Designated Hana Tawue Related Cultural Properties in Kitahiroshima-cho

<Aspect of Hana Taue>
Sanbai(Rice field deity) and Shinto Ritual
Kazariushi(Decorated cows)
Shirokaki(Plower)
Dengaku-dan(Music and dance groups)
Sanbai(Leader)
Saotome(Rice planting ladies)
Taue Uta(Rice planting songs)
Hayashite(Music player)
Other Roles
Eburi at Water Inlets
Related Facilities:Museum of Geihoku Folk Performing Arts and Folklore


サイズ:B6(128×182)

金額:200YEN(TAX IN)

八重西地区稲作復元記録事業実施報告書 昔の農作業 -重要有形民俗文化財川東のはやし田用具民俗文化財伝承活用等事業-

 

写真

概要:

町内に収蔵されている民具の使用方法の確認と、農業が機械化され始める直前の昭和30年代を設定した、稲作技術の再現・記録を行いました。

民具は重要有形民俗文化財に指定されている「川東のはやし田用具」と 類似している町内の未指定民具を中心に使用しました。

本書はその成果の報告書です。


付属のDVDには、

全体の農作業に加え「藁草履の作り方」などの個別技能を収録した2時間バージョンと、

農作業・個別技能を30分に編集した映像・田の仕事を短時間にまとめた、

30分・3分編バージョンの2枚がついています。


<目次>
Ⅰ 事業概要
1、事業の主旨
2、実施体制
3、資料

Ⅱ 稲作技術
1、苗代と田ごしらえ
2、田植
3、夏季の手入れ
4、稲刈り
5、コナシ
6、来季に向けた準備(冬仕事)

Ⅲ 関連民具

<付録>
復元記録 DVD 2枚
・30分・3分バージョン DVD
・2時間バージョン DVD


発行日:平成25(2013)年3月


サイズ:A4

金額:1000円(税込)